CD−ROM


 「世界遺産 時を超える旅シリーズ 第3弾」として、CD−ROM「文明の
十字路・不思議都市イスタンブール」(富士通株式会社)が1998年9月11日
に発売されました。発売に先駆けて、このベータ版を見せて頂きましたので、この
商品の紹介とその感想を述べたいと思います。


[内容](プレスリリースを引用)

 歴史文献的な要素(年表、交易史、建築物解説、リファレンス情報など)と、
疑似都市探検的な要素(市場探検、何でも一口メモ、パノラマ映像、観光情報な
ど)が、バランスよくミックスさせれた旅行&共用CD−ROMです。

[特徴](プレスリリースを引用)

インタラクティブ・ムービーによるグランドバザール探検
 3つのコースを選択し、迷路のような巨大な市場、グランドバザールを探検。

情報のおもちゃ箱「Merhaba(メルハバ)」
 イスタンブールの「今」を楽しく体感。街の日常場面や芸術文化を60以上
収録。

壮大な都市景観を眺望するパノラマ・ナビゲーション「Panorama」
 イスラム寺院が立ち並ぶような景観の壮大さを大画面でパノラマ写真を動かし
て見ることができる。

モスクから元の協会へ衣替え、アヤソフィア大聖堂のCG化
 現在のイスラム寺院の姿が、時間を遡り、ビサンチン時代のキリスト協会の姿
に変化。

豊富な情報量
 総時間1時間のCG・動画と500枚の静止画像、イスタンブールのみで
200項目以上の情報を収録。

[感想]

 以前、同じハイブリット版で「バリ島 神々の住む島」というのを見たのです
が、それと比べて、とても凝った作りで良かったです。イスタンブールに閉じて
いて、そこに内容を集約、写真と映像、音楽を交えて説明。検索も可能で、パノ
ラマや上空から低空へ移動などを取り入れたのも評価できると思います。

 写真や映像がやや小さめなのが残念でしたが、その分、写真や映像が豊富。
 今後、専用ホームページでCD−ROM未収録の画像(CD−ROM購入者向
け)や生の体験談が掲載されるとのことなので、期待したいと思います。
 興味ある方は、是非どうぞ。